席次表作成時のマナーについて知っていますか?

必ずしも会場のスタッフが作成するものではない。

結婚披露宴の際に以外に悩むのが披露宴の席次表作成です。基本的には披露宴会場のスタッフに依頼すれば適切な席次表を作成してもらう事が出来るので心配ないですが、レストランなどだと席次表作成のルールを知らない場合もあり、その際には自分達で席次表を作成すること必要がありますので、知っていても損ではないですよ。

上座下座が大切ですよ。

席次表の作成にもきちんとしたルールがあります。新郎新婦に近い方が上座で、遠い方が下座です。通常だと上座には職場の上司などが座り、下座には両親を含む家族が座ります。同じテーブルの中でも上座下座があり、特に親族に関してはあまり縁がない親戚を上座として、両親や兄弟は下座とするのが一般的なマナーですよ。

友人同士を同じテーブルに設定するのも楽しい?

基本的には披露宴に出席する人数は新郎新婦で約半分に合わせるのでそこまで問題ないですが、どうしても人数が合わない時もあります。そのような時には思い切って、新郎新婦の友人を同じテーブルに設定するのも一つの方法です。その際には年齢層を合わせておく事と、楽しいレクなどを考えて、楽しい時間を過ごせるような配慮が必要になります。

席次表作成の最後には肩書きを作成します。万が一漢字を間違えると楽しい結婚披露宴が台無しになるので、名前は確認しなければいけません。親族であれば親に依頼して、会社の重役などは直属の上司に確認してもらいのがより確実です。その上で披露宴会場のスタッフと一緒に新郎新婦が最終チェックするのも決して忘れてはいけません。

結婚式の座次表には上座や下座といった一通りのルールがありますが、そこまで型にはまって考えるものではありません。結婚式の席次表は招待したゲストの層も考慮し、基本を押さえ柔軟に対処していくのが良いです。