挙式前に知っておきたい!たくさんある結婚式の種類

結婚式の挙式の形体とは

挙式の形体は、大きく宗教式か無宗教式かに分類されます。

宗教式

・教会式

主にキリスト教信者の方を対象に、キリスト教の教会で行われるタイプの結婚式です。

そのため信者でない方は礼拝への参加や勉強会への出席など事前の準備が必要となります。

しかし厳粛な雰囲気での式は素敵な思い出になるでしょう。

・キリスト教式

教会ではなくホテルや式場の私設のチャペルで行われるタイプの結婚式です。

教会式とは違い、宗教色よりも商業色の方が強いです。

・神前式

神社、或いはホテルや式場で行われます。

キリスト教式よりもしばりが緩いですが、収容人数の少なさ故に参列できるのは親族のみの事が多いです。

日本人ならではの白無垢を着ることができます。

・仏前式

両家どちらかの菩提寺、或いは自宅で挙式が行われるとこが多いです。

ホテルや式場でもできるところも少ないですがあります。

日本古来の家と家の結び付きが感じられる結婚式です。

無宗教式

・人前式

婚姻を立会人の証人の許で認めてもらう挙式です。

自由度が高く無宗教なので、宗教に抵抗のある方やオリジナルの結婚式をしたいという方にオススメです。

結納と婚約式の違いとは

近年、結納はあまり行われなくなりました。

これは結納金の節約や日本古来の家制度を重視しなくなったからでしょう。

しかし元々キリスト教の儀式だった婚約式では結納金の制度がありません。

具体的に婚約式で何をするかというと誓約書へのサイン、婚約記念品の交換(男性から女性へは婚約指輪、女性から男性へは時計など)をします。

格式ばっていないので、気軽に行えるけれど式としてお披露目ができるということで最近婚約式をする方が増えています。

如何でしょうか。

参考にしていただければ幸いです。

品川の結婚式場は、駅から近い所に存在する場合が多いため、アクセス性を重視している場合でも安心して利用できます。